忍者ブログ
2018/08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://homepage3.nifty.com/elizasystem/green/kaidou/index.htm

てなワケで、当日です。

…ごめんなさい、もっと前から色々書きたかったんですが!
もうね、なんと言っても作業の遅れが……!!


などという言い訳は置いときまして。
無事完成、プレスも完了致しました。


本日は西る-02b、「お茶みどり」にてお待ちしております。
PR
WheelOfFortuneさんの日記に捕捉して頂いた為、こちらからもリンクさせて頂きました。
こんな無名サークルまで拾って下さって、情報系サイトの皆さん、本当にありがとうございます。

灰瞳ですが、サンプル画像を追加しました。
作業に進展が無いわけじゃないんですが、下手に取り上げると思いっ切りネタバレに引っ掛かってしまう為、中々露出していい素材が見つからないという。
ちなみに開発中のものですと書いてある通り、掲載してる画像は全て暫定的なものだったりします。レイアウトや色合いなどは今後修正される可能性が大きいです。

製作も佳境……と言っていいのかなあ……頑張っているところです。
それでは。
 ちょっとここの所、体調が壊れてあっぷっぷー、状態だったのですが。しっかり寝れば治りました。睡眠本当大事、舐めたらいけない。

寝る前は「いっそ泥棒に来た誰かが私を楽に殺してくれないかなぁ」と言うぐらいの気持ち悪さと痛みだったのですが、起きたらその痛みと体調の悪さも引き、ついでに冬コミに受かって今度こそ原稿を急いで完成させなければならないと言う現実に引き、「いっそ泥棒に来た誰かが原稿書いてくれないかなぁ」と思いました。どれだけ見ず知らずの他人に現状の打破を求めるのだろう。


どうもこんにちはお久しぶりです、悠求者です。
正直今口を開けば「ごめんなさい」しか出てこないので雑記も控えておりましたが、とりあえず必死に出さないようにしながらもご報告させて頂きます、ごめんなさい。



■ 冬コミ受かり

そんな訳で、冬コミ受かる事が出来ました。
最初にコミケに参加したのが、二年前の『未完成版』で。
その時はまさかこれほどまでに時間がかかるとは、正直思っておりませんでした。
それもこれも私の遅筆と言うか実力不足と言うか過信と言うか、とにもかくにも私が時間をかけまくってしまったせいですな。

恐らくコミケに参加して販売するチャンスは、次の冬コミがラストになるんじゃないかと思います。何分、私と総大将の二人は来年から社会人で、どんな感じで忙しくなるか分からないので。(そしてそれを言い始めると、何気に私は卒論やら研修やらで今もかなりヤバい現状)

……まぁ、もしかすると私のせいで冬コミも落としてしまうかもしれませんが。そうなった時でも何とか後でも完成させて、皆さんの手に何らかの形でお届け出来るようになれば良いなぁと思っております。

ここで「絶対完成させて持って行きますので、皆さん楽しみに待っててくださいね!」と昔の私だったら自信満々に言ってたのかもしれませんが、この二年で自分の実力を悟った今になると、「ほぼ無理、出来たら褒めて」ぐらいになっております。そんな訳で、出来たら褒めてね!! あと買ってね!!



■ サイトリニューアル

そして合格御祝い(?)に、『灰瞳に機す』のサイトがリニューアルされました。
完全にサイトに関しては、絵師のHALさん任せになっている今日この頃なのですが、HALさんの御話によると『素人の出鱈目なhtml記述、しかもIE6でしか動作確認してないので他のブラウザだと不具合出まくりそうで怖いです』との事。

一応FireFox3とChromeの動作は確認出来たようですな(管理人注:Firefox3で左右のボーダーにズレが発生しますが、修正方法がわからない(余白を増やすと何故かその分余白が減る)為そのままになっています、すみません)。
それに合わせて、ストーリー紹介やキャラクター紹介、サンプルの追加などが出来ました。
サンプルを見て貰えると分かる通り、体験版の時に比べて大分ゲームっぽくなっておりますね。

私と総大将はそういうデザイン的な事はまったく触れないようにしてたので(←絵心の無さにより)、HALさんには様々な努力をして貰っております。

なので、完成版の暁には、今までよりも大分ゲームっぽく進化してやりやすくもなってるんじゃないかなぁと思います。

ただどれもこれも『開発途中の御話』です。
正直、灰瞳に機すはこの『開発途中の変更』がかなり多くなってくるんじゃないかなぁと思います。

体験版や中途半端版は、きっと文章ごといくつか変わる所が出て来てしまう気がします。
ふざけんな、って仰られる方はきっと多いと思いますが、これも私の実力不足だったと言う事に免じて許してやってくれるとありがたいです。

アレです、どっちにしてもイベント絵が大分追加される予定なので。
個人的にはイベント絵とゲームの雰囲気を楽しんで貰いたいなぁ的な意味で、最初からやり直すのもありなんじゃないかなぁと、すごい無責任な発言。


話が逸れましたが、とりあえず、紹介ページがリニューアルされました、と言う事で。

ストーリーの内容が、以前と若干変わりましたね。
以前のストーリー紹介を知っている方は『大分変わった?』と一瞬思うかもしれませんが、実は以前のストーリー紹介を一部カットしてくっつけただけだったりします。

ちなみに、サンプルのイベント絵はこれからもどんどん増える予定らしいので、皆さんお楽しみにね!!



■ ヒロメイド

081105_2122~01.jpg











くそくそくそ、なんで本編中にあの二人しかメイド服着てないんだよ!

こんな風にヒロが着てくれたら、たくさんのメイドの妄想が生まれてたかもしれないのに!

畜生、畜生! ひぃいいいいぃいいいいいいいいいいいいいいぃいいぃいいいぃいいいいいいいぃやっほぉおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!


そんな訳で、ヒロメイドさんを描いて下さった方がおりました(管理人注:管理人HALのリアル友人です)。

元々私は絵がまったく描けない人間なので、今こうして絵師の方に描いて頂けるだけでも大変幸せではありますが。

それでもこうやって色々な人に、ふと書いて貰ったり描いて貰ったりするのは、作り手として非常に嬉しいものがあります。

本当にありがとうございました!


つまり、アレですな。
ギャグ抜きだったら私だって、女の子達にメイド服を着させたりしたかったんだよ!! ひぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいぃい!!



■ 体調メモ

この時期になると突然気管支が閉じ始めると言う病に一年前からかかった。
あと歯が痛い。

こんな私でも、昔は39度の熱が出てても「やっほー! これで学校休んでゲーム出来るぜー!!」って喜べるぐらい元気だったんよ……。



先日、同業サークルの南極堂さんから大変嬉しいことにメールにて体験版の感想を頂きまして、これを機会に追加しようしようと思いながら後回しになっていたリンク関係を更新しました。

今回追加したサイトさんは、まず同業のサークルさん達ですが、我々メンバーがこれまでに楽しませてもらった、或いは今後が楽しみな、或いは灰瞳製作において参考にさせてもらった等、(わりと一方的に)お世話になったところです。宣伝バナーとか貼るべきかなとも思うのですが、そのスペースを用意する作業が今はちょっと負担でして。
私が個人的に惚れ込んでメンバーに無断でリンクに追加したぶらんくのーとさんは言うに及ばず、TRUE REMEMBRANCEさんとかぱんけーきさんとかフリゲなのにクオリティ高過ぎっていうね! べにたぬきさんとこの幻想のアヴァタールとか体験版なのに絵素材灰瞳より多くね演出面なんか商業でもなかなか無いレベルっていうね! どこもかしこもその才能に強烈にSHITですよ! ウチも少しでも追い縋れるように頑張ります。

そしてレビュー・ニュース系と題して、これまで当サークルのことを取り上げてくださったところを掲載しております。ありがとうございました。ホントもっと早くやっとけって話ですよね。こちらで捕捉し切れなかったサイトさんがありましたら、申し訳ありませんが教えていただければ追加いたします。


あと言ってなかったことを今思い出したのですが、完成版では体験版から色々な部分が大きく変わる、予定です。
色々なところで指摘され、今回南極堂さんの感想でも指摘を受けました本文中に多用されまくってストレスの原因になってるウェイトですが、それらは完成版では大半を削除する予定です。
あとはシステムカスタマイズを実装し、文章速度や各種音量などの調整も出来るようになる、はずです。セーブ数も80箇所に増える、と思います。いや、素人が組んだプログラムなので、まだバグが多くてですね……。
絵素材もそれなりに数を増やし、演出も色々見直される予定です。
ここに挙げたことがどれだけ実現できるかは、時間との勝負ですね。


さて、上で敢えて紹介に入れなかったCircletempoさんですが、実は修羅場に入る直前、代表作のMYTHをクリアしてました。以下は私の個人的な感想です。
なんだろう……なんて言えばいいんだろう……無数の風呂敷を広げるだけ広げて畳まないまま終わった、というのが第一印象だったんですが、時間が経ってあのシーンはああいう意味だったのかな、などと考え出すと、これはこれで物凄く深く考えられた上でちゃんと終わらせられてるのかもしれないとも思えてきて……個々の描写、展開がただの誤魔化しだったのか、それとも深い意味があったのかもわからず、評価すら出来なくなってきました。決してつまらなかったわけではないのですが、点数をつけることが出来ないんですよ。未だに底の深さすら測れない、こんなに不思議な感想を抱いたのは初めてかもしれません。
ちなみにBGM作曲者さんがうみねこ音楽担当の一人で、ED曲は片霧さんが歌ってたりします。ので、そのあたりの品質は保証されてます。作業用BGMにしてます。
後半は感想が割れると思いますが、少なくとも一週目は普遍的な感受性でかなり面白いと思います。狂気の表現においては私が知る限り最も書き方が巧かったです。演出もちょっと捻ったような手法が沢山取り入れられており、ゲーム作ってる身として刺激されるものがありました。ひぐらし目を超えるインパクトの画像演出をはじめて見ました。特にあの"顔"、アレはただプレイヤーを驚かせる為のものではなく、ああいうやり方でこそ表現し得る世界観があるのだと気づいた時はちょっと感動すらしました。たぶん、この作品が伝えたかったのは、こうしてブログに記事書いてる私が認識するこの世界すら……ということなんじゃないかなあと妄想しています。

というわけで、面白い視点を持ったサークルさんとしてMYTH完成より随分前から個人的に凄く気にしていたということと、サークルとしては同じNscripterを使用したゲームを作っている先輩ということで、今回リンクを張らせてもらいました。
http://www.circletempo.net/
なんていうか、そう、多くの人にプレイしてもらって、クリア後に考察を重ねたい、そんなゲームです。


さてさて、製作に戻ります。灰瞳の作品ページも改装したいんですが、HTMLは不勉強で苦労しています。

滅多に更新されないココですが。
ぶっちゃけ私も悠求者さんも自サイトを別に持ってたりするから書くことがあんまりないんですよね。というか書く暇あるなら作れよみたいな。

あんまり放置してるとサークルの存在を疑われかねないので、ちゃんと進んでるんですよとだけ書いておきます。
全体の……あとどのくらいなんでしょう。片方のルートはほぼ終了し、もう片方も、たぶんライターさん的に一番苦しい部分に来てると思います。終わりは見えているんですが、そのゴールまでの道程が想定外に増えていく可能性がまだまだありまして。悠求者さんにも聞いてみたんですが、進捗とか語るより作品で語りたいみたいです(ていうか無断でこれ書いてよかったですか?)。

これまではロクに宣伝もせず、ひっそりと活動してましたが、完成が近づいたらいろいろ手を広げようと思ってます。
まず灰瞳サイトを改装したいです。その際にキャッチフレーズの「短編」も取ってしまおうと。もうどう考えても短編とか言ってられる分量ではなくなってしまったので。
あとは同人ゲーム系ニュースサイトさんとかに取り上げてもらえるよう働きかけてみようかとか思ってはいるのですが、どこにどう働きかければいいのかわかりません。よろしければ皆さんも周囲に広めてやってください。

後は……読者さん的に何か知りたいこととかあるんでしょうか?
ラジオへのネタ振りとか? 最近の更新履歴はラジオで埋まっておりますな。頑張っておられるようです。色々。
次回作の話とか? 次回作ってそもそもあるんですかね? やりたくないわけではないんですがスタッフのリアルライフがより忙しくなりそうで、まず時間があるかどうかという問題がですね。修羅場ってるときに「次はファンタジーやろうぜファンタジー……中二病全開で殺し愛するんだ……」とかユメ見る口調で妄言吐いたりはしてるんですが。

web拍手もちょくちょく応援を頂けております。全員で喜んでおります。ありがとうございます。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
忍者ブログ / [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
web拍手
バーコード
ブログ内検索